越後長岡藩藩士の小林寛之進ひろのしん(阿部寛)は、
藩主・牧野備前守忠精ただきよが主催する和歌の会に出席した​。
そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、
「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」
江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられるのだった。

「猫ののみとり ・・・?」

途方に暮れていた寛之進は、
長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛じんべえ(風間杜夫)その妻・お鈴(大竹しのぶ)の 元で働くことになった。

猫の“のみとり”とは文字通り、猫ののみを取って日銭を稼ぐ職業。
しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。
住む場所もなくなった寛之進であったが、
貧しくも子供たちに読み書きを無償で教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋で暮らす人々の助けを借り、
“のみとり”としての新生活が始まっていく。

ほどなくして、
亡き妻・千鶴にそっくりなおみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たす寛之進。
幸運なことに、初めての“のみとり相手”がおみねとなり、胸が高鳴る彼だったが、
“のみとり”開始数分後、
「下手くそ!」
と罵られ失意のどん底へ。
落ち込む彼の前に妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた
恐妻家・清兵衛せいべえ(豊川悦司)が現れる。
寛之進は、欲求に忠実な清兵衛に「拙者に女の喜ばせ方を教えてはくれぬか!」と頼み込むのだった。
その甲斐あってか、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、
“のみとり”侍として一人前となっていく―。

しかし、時代は、老中・田沼意次たぬまおきつぐ(桂文枝)の失脚により急遽“のみとり”禁令が敷かれる。
寛之進はじめ“のみとり”たちは、一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう―。

果たして寛之進は、運命の相手・おみねとの恋を成就させることができるのか?
そして武士として、男として、生き様を示すことはできるのか? 寛之進の運命は如何に!?

『のみとり侍』というタイトルを聞いただけで、ほろっとわくわくしたし、出てくる登場人物たちが、一人ひとりが、人間味豊かで、クスっと笑えて、泣ける脚本だなと思いました。
鶴橋組常連の方々との共演も楽しみです。色気があって、チャーミングで・・・見ているだけで、きっと引き込まれるでしょうし、それに応えられる芝居をしないと気の引き締まる思いです。鶴橋監督とはずっとご一緒したかったので、こうして「のみとり侍」としてオファー頂けたことは、夢が叶ったかのように嬉しく、歴史ある京都の地で、こうした作品を作っていけることにすごく幸せを感じています。観た人が、“のみとり”をされたかのように気持ちのいい時代劇になればいいなと思っています。
『愛の流刑地』以来又鶴橋監督とお仕事ができることが嬉しくてなりません。
とても艶っぽい愛おしい女性なのでそう存在できるようにしたいものです。
阿部さんとも舞台「近松心中物語」の共演以来なので久々の再会を楽しみにしております。
鶴橋康夫監督の最新作にて最高傑作!
中高年の、中高年による、中高年のための、痛快人情喜劇娯楽時代劇!
日本人は、日本の国は、こんなにも素朴で温かみに溢れていた!
絶賛撮影中!乞うご期待!
40年前、偶然『蚤とり侍』の小説を手にして、「のみとりって?」。猫の蚤を取るとみせかけ、実は裏の商売をする主人公に興味がわいた。
中間管理職である越後長岡藩・勘定方書き役の小林寛之進が、生真面目すぎるあまりに殿の怒りを買って藩を追い出され、江戸の人々に助けられながら、世の中の激動に飲み込まれていく。そこに現代のサラリーマンに重なる部分を感じ、「不条理でばかばかしくて笑える映画をつくってみるのはどうだろう?」と。
主人公・小林寛之進は、悲劇を喜劇に、不条理をロマンチックに演じ、哀愁の男っぽさを表現できる阿部寛さんに託すことにした。
人生、自分の思い通りにはいかない。だけどみんなそれぞれ、一生懸命で、真面目で、おっちょこちょいで、面白い。そんな悲喜こもごもを観る人にクスクスと笑ってもらえたら最高です。