映画「のみとり侍」公式サイト

小間物問屋「近江屋」の入り婿。
恐妻家だが、男の欲求には忠実。
たまたま出会った寛之進の“のみとり”
指南役となる。

鶴橋組の撮影は毎回楽しいです。鶴橋監督は本当に優しい方で、俳優・スタッフに愛情を持って接してくれるので、そんな現場にいること自体がとても気持ち良かったです。私が演じた清兵衛は、色々な顔を見せるキャラクターでしたので、演じるのが難しかったですが、何とかやり切れたと思っております。阿部さんとは久々の共演でご一緒する芝居場が多かったですが、芝居を作りこまず、現場の空気を感じながら、一緒に芝居を作っていくことが出来ました。プロ意識の高い方で、とても勉強になりました。『のみとり侍』はいままでの鶴橋作品以上に、鶴橋マジックが炸裂する作品になると思います。痛快人情娯楽時代劇大作を一人の観客として、拝見するのを楽しみにしております。

【豊川悦司:プロフィール】
1964年6月22日生まれ。神奈川県出身
近年の映画出演作品
『娚の一生』(15)『後妻業の女』(16)『3月のライオン前編/後編』『ブルーハーツが聴こえる』(17)『ラプラスの魔女』(18)