映画「のみとり侍」公式サイト

甚兵衛の妻。
元花魁の過去を持ち、初見で寛之進の
素質を見抜く。

鶴橋監督の前作『後妻業の女』の時に、「また映画を撮られる時は、呼んでくださいね。」と監督にお伝えしたのですが、またお声がけ頂いて、こんなにも早く次回作が決まったんだと思いました。『のみとり侍』の脚本をお書きになって、鶴橋監督はすごいエネルギーをお持ちの方だと思いました。実際の撮影は、脚本よりもコメディ要素や笑えるシーンが多くて、鶴橋監督の世界が自由に繰り広げられています。京都太秦での撮影も久しぶりで、まさかこの場所で鶴橋作品を作るとは思わなかったので、撮影に参加できて嬉しいです。鶴橋監督が着目した“のみとり侍”という、楽しくて、切なくて、笑えて、風刺のある世界を思いっきり楽しんでいただけたらと思います。

【大竹しのぶ:プロフィール】
1957年7月17日生まれ。東京都出身。
近年の映画出演作品
『海街diary』『ギャラクシー街道』(15)『後妻業の女』『真田十勇士』(16)『メアリと魔女の花』(声の出演・17)