映画「のみとり侍」公式サイト

“蚤とり”とは、
お客の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐ、江戸時代に実在したお仕事でございます。

原作者・小松重男が「蚤とり侍」の中で描く“のみとり”とは、オモテの顔は、文字通り、お客の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐお仕事。
しかし、ウラの顔は、女性に愛をご奉仕する“添寝業”のことでございます。

時は、十代将軍・徳川家治 治世の夏 ――――
老中・田沼意次(桂文枝)の規制緩和により、世に金が回れば、何でもOKな時代です。

男の名は、小林寛之進(阿部寛)。
越後長岡藩の勘定方書き役として、まさにエリートコースをひた走る、
“清廉潔白”、“質実剛健”などんぐり眼の男。

しかし、
歌会の場で藩主・牧野備前守忠精(松重豊)に
大恥をかかせてしまったため、左遷されてしまいます…。
その左遷先は、“猫の蚤とり”を行う江戸の貧乏長屋でした。

「“猫の蚤とり”とは何ら?」 戸惑う寛之進を迎えたのは、
長屋に暮らすいかがわしい旦那・甚兵衛(風間杜夫)と女将のお鈴(大竹しのぶ)。
そして、貧しい子供たちに読み書きを無償で教える友之介(斎藤工)でした。

「猫の蚤、取りましょう…♪」 甚兵衛に言われるがまま、陽気な声をあげ、“のみとり業”を始める寛之進でしたが・・・

はじめてのお客は、
なんと、寛之進の亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね(寺島しのぶ)!!
この運命の出会いに胸高鳴る寛之進でしたが、
おみねから浴びせられたのは、この一言!
「この、下手くそが!」 侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問もここでは無・意・味。
まさに失意のどん底。
意気消沈する寛之進の前に現れたのは、
江戸でNo.1の伊達男にして恐妻家の清兵衛(豊川悦司)でした。

清兵衛は、小間物問屋・近江屋の婿養子。
妻・おちえ(前田敦子)の尻に敷かれながらも、その浮気癖は治りません。
おちえはその浮気封じのために、清兵衛の一物に 饂飩粉 うどんこ をまぶしておりました。

そんな清兵衛に寛之進は頼み込むのです!
「拙者に女の悦ばせ方を教えてはくれぬか!」

清兵衛先生の温かなご指導と、寛之進の持ち前の勤勉さから、
寛之進の”のみとり技術“はメキメキと上達し、
一人前になっていくのでした。

しかし!!
老中・田沼意次の失脚により
急遽、“のみとり禁令”が出されてしまいます。
寛之進はじめ“のみとり”たちは窮地に立たされてしまいます。

果たして、寛之進は、武士として、男として、その生き様を江戸に示すことができるのか?
そして、運命の相手・おみねとの恋を成就させることはできるのか?
これは、江戸の浮世を懸命に生きた侍が、本物の“愛”と“人情”に出会った物語でございます。